まるしてんblog 美作地方.岡山県をつらつら

美作地方、岡山県の方言、地名、文化など

津山藩の富くじ「万人講」

こんにちは。

年末ジャンボ宝くじの発売が始まっていますね。

当たったら何を買おうか。働かなくていいかなぁ。。。

そんな束の間の夢を買うのも悪くないですね。

 

さて、現在の自治体宝くじのような富興行は江戸時代、全国各地で行われています。

特に津山藩の「万人講(まんにんこう)」は全国有数の規模でした。

万人講は享保年間(1716−1736)ごろから始められ、明治元年12月まで続きます。

年に3−5回定期的に行われており、美作国内だけでなく、四国や関西から参加する人も多くいました。

f:id:marushiten:20211127200240j:image

富くじは、ギャンブルに伴う弊害から幕府から何度も禁止令が出されましたが、津山ではその度に復活しました。

商人は市街地にたくさんの観衆が集まるため儲かります。

津山藩にとっては、万人講の売り上げの3割が「三分銀」として納入金に充てられるため、他国からの正銀(貨幣)をもたらす貴重な収入源でした。

山間部で大きな交易のない津山にとって万人講の賑わいは極めて貴重なものだったのです。

 

万人講の抽選会は吉井川と宮川の合流するあたり、今の津山市材木町あたりの河原で行われ、桶に入った木札を錐でを突き、刺さった札に書いてある文句を読み上げる方法で実施されていました。

当選金の受け取りはその場ではなく、後日講元に申し出て銀札を受け取っていました。

当選金は津山藩の藩札で支払われました。

美作国以外では使えないため、他国の人は正銀に両替して帰らなけばなりませんでした。

当選者が現れなかった場合は当初10年後に再抽選(突き直し)が行われていましたが、その後これが改められ、藩に納められることとなりました。

 

 

 

美作ナンバー・津山ナンバーは実現可能か?

こんにちは

朝晩だいぶ冷えてきました。紅葉の季節もそろそろ終わり、美作は冬支度が始まります。

タイヤ交換もその一つ。スタッドレスタイヤに交換して雪に備えることは県北部に住む人の常識です。

しかし、岡山県南部の方にはあまりこのような習慣はないようで、私の親戚も正月にノーマルタイヤで津山に来た時に雪が降って困っていました。

ちなみに大阪から来る人は高速道路(中国道)を通るからか、このような話は聞きません。距離も長いので旅支度をして津山に来るからだとも思います。

 

国道53号線を冬に通っている時、冬タイヤを履いて岡山に向けて走っていると「あの人は奥の方(県北)から来とるんで」と言われ、逆にノーマルタイヤで津山に向けて走っている人を見ると「あの人は街の方の人じゃろうけど、危ないわー」と言われるとか言われないとか。

岡山県は倉敷エリアを除き、ナンバープレートが全て岡山ナンバーです。その岡山ナンバーも飽和状態なのか、最近では数字の後にアルファベットがつくようになりました。

 

自動車保有台数も増えるなかで、地域振興策としていわゆるご当地も全国的に増えています。

現在、ご当地ナンバーを採用している都市・地域は全国で46(R2.12月)。この中には、仙台や金沢、豊田などの大都市もあれば、知床や出雲など観光地ではあるもののそれほど人口も自動車の数も多くない地域も含まれます。

ちなみに倉敷ナンバーは笠岡・総社・井原・浅口・里庄・矢掛がエリアに含まれ、R2年12月時点で219,870台の登録がされています。

 

そこで、津山・美作地域で「ご当地ナンバー」は可能なのか。考察して見ました。

国は主な基準として

①地域特性や経済圏なのについて一定のまとまりのある地域

②当該地域で登録自動車台数が10万台超

③他地域との不均衡を生じさせない

④単一の市町村ではないこと    などの条件を付しています。(これ以外にもあります)

 

ここで美作地方の自動車保有台数を紹介すると

津山 →貨物6,173  乗合188 乗用車 35,045 特殊1,904  合計43,310

真庭 →貨物2,772 乗合120    乗用車 14,693 特殊1,027   合計18,612

美作 →貨物1,647    乗合125    乗用車 9,570  特殊527    合計11,869

真庭郡→貨物60         乗合4        乗用車 308   特殊25     合計 397

苫田郡→貨物761       乗合59       乗用車 4,256  特殊324   合計5,642

勝田郡→貨物1,142    乗合34       乗用車 5,849  特殊322   合計7,347

英田郡→貨物112       乗合6         乗用車 514   特殊36      合計 668

久米郡→貨物1,123    乗合104     乗用車 5,908  特殊360   合計7,495

資料:令和2年度版 岡山県の運輸産業より

 

合計すると95,340台。10万に僅かに届きません。

これに小型2輪を加えた数

(津山1,844、真庭828、美作493、真庭郡9、苫田郡242、勝田郡352、英田郡19、久米郡413。合計4200)でもギリギリ10万台届きません。

 

ただし、最近の登録では10万台に届かなくても認めている事例はいくらでもあります。

奄美25,024、飛鳥59,061、弘前64,343など)

美作地方が一体になってご当地ナンバーを求めれば実現可能だとは思いますが、津山ナンバーにしても美作ナンバーにしても、少なからず反対の声が出そうな気がします。

個人的には美作ナンバーを実現してほしいですが。

 

最後に、今後人口減少と産業の衰退、加えて石油燃料の自動車が今後電気自動車に置き換えられる際に自動車を手放す動きが大きければ、美作地方の自動車台数も著しく減少するかもしれません。都会とは違い、自家用車は日常の欠かせない「足」ですし、農作業や山林の保全にも必要不可欠です。高齢者が補償もない中で自動車を買い替えるのは厳しく、その辺の救済策は地方にとって絶対必要だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡山出身の現役プロ野球選手

こんにちは

プロ野球の日本シリーズ始まりましたね。

今年はオリックスとヤクルトの対戦。

このカードは1995年と同じ。阪神淡路大震災の年、当時神戸に本拠地があったオリックスの勝利は被災者を励ましました。

 

さて、オリックスのエースは山本由伸投手。高校は宮崎県の都城高校ですが、岡山県備前市出身です。

もはや、日本を代表する投手で、日本シリーズでも活躍が期待されます。

オリックスには頓宮捕手も備前市出身。山本投手とは幼馴染ですが、高校は岡山理大附属高校に進みました。

頓宮捕手は日本シリーズでベンチ入りしていますので、出場してほしいです。

一方でヤクルトには現在、岡山県出身の現役選手はいません。

だから、今年の日本シリーズオリックスを応援しています。

 

他球団にも岡山県出身者がたくさん活躍しています。

現役プロ野球選手を紹介します。

阪神→森屋功輝投手(倉敷市) 巨人→山崎友輔投手(倉敷市) 広島→野村祐輔投手(倉敷市)

横浜→佐野恵太外野手(岡山市)、柴田竜拓内野手(岡山市)   中日→福島章太投手(備前市)

ロッテ→藤岡裕大内野手(岡山市)、岡大海外野手(倉敷市)  

楽天大田光捕手(倉敷市)、福井優也投手(西粟倉村)、小郷裕哉外野手(倉敷市)、高田萌生投手(新見市)、※引地秀一郎投手(岡山市)は今年戦力外通告を受けてしまいました。

ソフトバンク→海野隆司捕手(岡山市)   日本ハム→難波侑平内野手(岡山市)

 

美作地方の現役選手は福井投手だけです。今年は中継ぎで活躍しています。

 

また、今年のドラフト会議では

ロッテに広畑敦也投手(倉敷市)が指名されました。

 

 

茨城県と美作地方② 堀坂の釜の口用水

こんにちは

昨日に続いて、美作国土浦藩についての記事です。

江戸時代、現在の美作滝尾駅近くの堀坂(ほっさか)地区は、土浦藩が統治していましたが、たびたび洪水に悩まされてきました。堀坂地区は米作りのために西側にある加茂川から水を堰き止めて用水を引いていましたが、大雨のたびに川の水が用水から押し寄せたのです。

土浦藩の代官亀田清助は、洪水のたびに窮地に追い込まれる農民の訴えに対して、解決策を検討します。

その結果、北側にある岩山にトンネルを掘って川上から水を引くことで水量を安定させ、洪水を防ぐ方策を取ることを決めました。

f:id:marushiten:20211114104843p:image

※トンネルのだいたいの位置を線で引きました。長さは正確ではありません。

 

トンネルを掘るには測量や緻密な計算が必要です。亀田代官は、今の津山市田熊(たのくま)にいた中村周介に依頼します。中村周介は京都で和算を学び、免許皆伝の腕前であり、美作国内に多くの門人がいたと言われています。中村周介はこの求めに対し、高齢を理由に断り、16歳の孫である嘉芽市(かめいち)を指名しました。

嘉芽市は現地で測量や計算を行い、取水口と取り出し口を決めて1822年1月、トンネルの工事が始まりました。

当時、このような工事は美作国内では前例がありません。口径約2メートル、長さ100メートル余りの長さのトンネルを村人だけでなく近隣からも助けを借りながら1年がかりで貫通させました。

以降、堀坂の農民はたびたびの洪水に悩まされることはなくなりました。

このトンネルは「釜の口用水」と呼ばれ、200年経った現在でも利用されています。

 

茨城県と美作地方

こんにちは

11月13日は茨城県民の日だそうです。

https://www.pref.ibaraki.jp/bugai/koho/kenmin/kenminnohi/h30kenmin/h30kenmin-day.html

ホームページによると、

1871(明治4)年11月13日に、初めて「茨城県」という県名が用いられたことにちなみ、11月13日を「県民の日」としているのだそうです。

このブログは美作地方のことを書いていますが、なぜ茨城県?と思われたかもしれません。

実は江戸時代、現在の津山市美作市西粟倉村の一部は土浦藩が統治していました。美作国土浦藩の石高は延享四年(1747)時点で1万9千石。ちなみに他藩も含め、明治初年の美作国内全体の石高は26万3,477石ですから、かなりの影響力があったと考えられます。
土浦藩は当初、現在の美作市、旧大原町古町に代官所を置きました。後に領地替えで津山市近松代官所を移しますが、美作国内での土浦藩の支配は明治の廃藩置県まで続きます。

 

西粟倉村には土浦藩が建てた「略孝子八右衛門伝の碑」が今も残っています。

八右衛門という大変親孝行な男がいて、医者もあきらめるほど重い病の父を、財産を使い果たしてながら長い間看病した結果、不思議なことに蘇生したことに土浦藩の役人が感激し、銭1000文と米8俵を与えました。

土浦藩は八右衛門の死後1860年に石碑を建立しました。

 

 

 

 

火の用心 津山駅舎は開業44日目で火災

こんにちは。

都内の駅を降りたら秋の火災予防運動をやっていました。

f:id:marushiten:20211110214602j:image

そこで今日は津山駅の火災について書きたいと思います。

津山駅大正12年8月21日、現在の姫新線の一部である津山から美作追分の開業とともに開業しました。あの関東大震災の10日前です。

当時の津山駅はペンキを7度も重ね塗りがされていて、大正らしいモダンさと重厚な佇まいの駅舎だったと言われています。

しかし、その佇まいを目にできた人は幸せだと思うくらいの短期間で津山駅はその姿を変えてしまいました。

開業からわずか44日後の10月3日の朝、駅で使用されていた石油ランプの消し忘れから火災が発生しまったのです。なんということでしょうか。

完成したばかりの駅舎でしたし、丁寧にペンキを重ね塗りをした甲斐もあったと思われますが、駅舎の復旧には焼け残った柱などをそのまま使っているらしいです。

この火災については、津山の歴史が記された文献でも紹介されているので知っている人も少なくないのですが、実はもう一件、津山駅に関係した火災が発生しています。

 

山陽新聞社発行の「写真集岡山の鉄道」によると、津山鉄道寮が昭和30年12月16日に全焼したとの記録が残されています。

 

さらに、津山駅に関係する建物の火災といえば、かつて駅弁を販売していた吉野館の火災がありますが、このことはまた後日書きたいと思います。

f:id:marushiten:20211110214832j:image

新庄監督と新庄村

こんにちは

北海道日本ハムファイターズの新しい監督に新庄剛志さんが就任しました。

派手なパフォーマンスや言動でファンをとりこにする一方で、野球に対する姿勢は極めてストイックな方と聞いています。若手選手が多いチームをどう立て直すか楽しみです。

 

さて、新庄監督は現役時代、岡山県のある村と交流がありました。

それは「新庄村(真庭郡)」。新庄村は西粟倉村とともに平成の大合併後も岡山県に残った「村」です。

新庄村は新庄監督が現役時代の1993年から山形県新庄市奈良県にあった新庄町とともに「新庄会」をつくって村公認で新庄選手を応援してきました。

まだ阪神に在籍していた時代に新庄選手は新庄村に訪問したこともあり、手形を残しています。また新庄村は新庄選手が訪れた12月13日を「SHINJO DAY」として、現役を引退する年まで長い間クリスマスイルミネーションの点灯日としてきました。

新庄さんが監督として球界に復帰しました。また新たに村おこしを期待したいものです。

(新庄監督よろしくお願いします)

f:id:marushiten:20211106120350j:image

もう少し新庄村の紹介をします。

新庄村は2021年9月30日現在の人口が880人という小さな村です。

しかし、新庄村は明治22年(1889年)に現在の町村制が施行されて以来、一度も合併を行っていない、岡山県では唯一・全国でも極めて数が少ない自治体です。

文献によると明治24年の村の人口は1,872人と現在よりも倍以上の規模を有していたのは、出雲街道の宿場町として・たたら製鉄の拠点として栄えていたことがあります。

名所といえば宿場町のあった 日露戦争での勝利を記念して1906年に宿場町の両側に植えられた「がいせん桜」です。100本を超える立派な桜の花がまるでトンネルのように道を囲む様子は見事。個人的には、津山の鶴山公園の桜、落合の醍醐桜とともに美作の3大花見スポットだと思います。

新庄村は、かつては「メルヘンの里づくり」と称した村おこしをしていていましたが、現在は「日本で最も美しい村連合」に加盟し、古い宿場町や豊かな自然を残しながら定住促進の施策を進めています。