まるしてんblog 美作地方.岡山県をつらつら

美作地方、岡山県の方言、地名、文化など

美作地方の鉄道③因美線の昭和22年11月時刻表

こんにちは。姫新線津山線に続き、22年11月の因美線について書きます。

魚など昔から鳥取との交易が盛んだった美作地方ですが、終戦直後だからでしょうか。列車はかなり少なく鳥取から津山までは3本、津山から鳥取までは5本となっています。時刻表によると鳥取からの列車のうち2本が県境の那岐止まりになっているのです。これでは当然列車の数が合わなくなるので、那岐から津山までは客扱いをせずに貨物などを運んだのかもしれませんが、詳しくわかりません。

また、意外と言っては失礼かもしれませんが、最速の列車は2時間半ほどで鳥取と津山を走っています。当時の津山線と大差がないということで驚きです。(元私鉄の津山線は大変だったのかもしれませんが)

鳥取からの始発列車は4時39分発、津山着は7時10分とやはり朝早く設定されています。

以前、因美線を使った鮮魚の行商の記事を書きましたが、鳥取駅から魚を卸売りする人が乗り込み、車内で途中駅から乗り込む行商人に売り、美作地方へ売り歩いたのはこの列車を使っていたと思われます。

行商人が売りに来ていたと言われる主な駅の時刻を当てはめてみました。

鳥取0439→美作加茂0635→高野0656→津山0710着

津山線乗り換え0744→亀甲0824→誕生寺0859

姫新線乗り換え0724→久世0819→中国勝山0828

姫新線乗り換え 東津山0704着 0718発→佐用0826  ※林野方面の乗り換えは東津山であった可能性が高いです

因美線始発の津山からの乗り換えは接続が便利にとられています。

鳥取には戦前から鉄道を使って物品の運搬や行商人が多くいて、昭和16年には鳥取商業組合も発足していたらしいので、国鉄も配慮したダイヤを組んでいたのかもしれません。

津山発の鳥取行き始発も4時33分と早いです。これは智頭0608などから鳥取に向かう人への必要性からだと思われます。

 

終列車は鳥取から津山までの終列車は鳥取を16時22分発、津山着18時50分と大変早くなっています。ちなみに津山線の岡山方面の終列車はとっくに出ているので、この列車ではその日中に岡山に行く場合はできません。

逆に津山から鳥取への終列車は19時15分、鳥取着は23時13分とかなり遅く設定されていて、岡山方面からだけでなく、姫路や広島からやってくる直通列車の人が乗り換えしやすくできています。

因美線鳥取の人には非常に大切な路線であったと思われます。