まるしてんblog 美作地方.岡山県をつらつら

美作地方、岡山県の方言、地名、文化など

作陽高校の移転と美作地方の高校の統廃合

こんばんは

先日、正式に作陽高校が津山市から新倉敷に移転するとの会見がありました。

会見で作陽の理事長は「津山市の人口に対する私立高の数の適正規模を考えた。」と述べられていました。90年にわたり津山で多くの若者を育てた作陽高校がいなくなってしまうのは残念ですし、このようなことを言わせて移転をさせた津山市の責任は大きいと思います。

近年、岡山県北部では県立高校の統廃合がすす見ました。

昔は合併前の町にひとつくらいはあった高校がなくなり、子どもたちは長距離の通学を余儀なくされ、しかも通学手段としての公共交通(鉄道や路線バス)は年々不便になっています。これでは子育て世代は県南部に流出してしまうのは仕方がありません。

加えて中高一貫校が県南部に集中しています。(津山高校も中高一貫教育を始めています)

こうした中、作陽高校が津山からなくなることは、美作地方における私立高校が美作高校だけになりさらに選択機会が失われるのです。

以下、戦後の美作地域の高校の統廃合・廃校をまとめました(一部統合は除きます)

少子化は日本全体の問題であり、高校の数が少なくなるのは仕方がないという受け止めがあるかもしれません。でもその地域から学校がなくなることは子育て世代が離れていき、近い将来の地域社会の危機に繋がることも忘れてはいけないと思います。

 

1966年旭高校(旧旭町)が久世高校に統合

1982年津山基督教図書館高校(私立)廃校

1985年津山東高校加茂分校・鏡野分校・苫田分校(旧奥津町)が廃校

1987年勝山高校湯原分校廃校

2004年至道高校(旧北房町)が落合高校に統合

2009年江見商業高校(旧作東町)が林野高校に統合

2011年落合高校と久世高校が真庭高校に(それぞれ校地は存在)

2013年蒜山高校が勝山高校に統合(蒜山校地は存在)

2006年大原高校が林野高校に統合

2007年日本原高校が勝間田高校に統合

2012年弓削高校(久米南町)が津山工業高校に統合